大原パラヂウム化学株式会社

会社概要|大原パラヂウム化学株式会社


大原パラヂウム化学は、「サスティナブルな製品開発」を将来に向けて進めます。
無数の細孔を持つPCP/MOFは超瞬間消臭機能を有しており、京都大学の指導の下、造粒およびタブレット化にも成功。
空気清浄機の進化フィルターや建材などの最終製品への採用に加え、工業品などの製造過程における臭気除去での応用も検討しています。接着剤事業では縫製を代替する製品の開発に促進し、これまでのシアノアクリレート以外での販路開拓へ検討を進めています。

さらに「Sustainable ECO Finish」を中核ブランドに据え、環境配慮型製品の拡充にも力点を置き、2019年には繊維加工に使用する高機能型水系コーテイング剤を上市。 植物原料を使用した繊維加工剤「うるわし繊維」では、エジプトの砂漠で採れたホホバオイル原料を入手し、安心・安全なスキンケア加工剤の開発検討にも着手しています。

わが社の研究開発、用途開拓を支えているのが、社外との連携。 京都大学や京都工芸繊維大学に加え、PCP/MOFや繊維加工剤の用途開発で、同志社女子大学や京都高度技術研究所などと、介護施設や医療機関などの領域をターゲットに産学官連携での共同開発を進めています。

わが社では、祖業である繊維用加工剤、接着剤などで、魅力ある機能性製品づくりに注力。 一方で経営理念として「安心・安全で健康な環境づくり」を、事業方針として「快適住空間の創造」を掲げ、SDGs(持続可能な開発目標)や働き方改革に引き続き貢献してまいります。



商号
大原パラヂウム化学株式会社

創業年月日
大正15年8月

設立年月日
昭和40年4月1日(会社組織に改組)

所在地
〔本社〕〒602-8155 京都市上京区竹屋町通千本東入上ル主税町1092
TEL(075)841-8521 FAX(075)811-5715
E-mail:office@paragium.co.jp
〔吉祥院工場・化学研究所〕 〒601-8341 京都市南区吉祥院前田町32
TEL(075)681-1707 FAX(075)672-5150
E-mail:kisshoin@paragium.co.jp
〔上鳥羽工場〕 〒601-8178 京都市南区上鳥羽戒光45-2
TEL(075)691-0700 FAX(075)691-8950

資本金
3,600万円

会社役員名
代表取締役社長 大原 一浩
常務取締役 大原 フサ子
取 締 役惠藤 健吾
取 締 役大原 正吉
監 査 役大野 芳幸

取引銀行
三井住友銀行 京都支店
三菱東京UFJ銀行 京都中央支店

関連会社
青島大原化学有限公司(中国)



大正15年8月 
初代大原米蔵により大原パラヂウム化学研究所を創業

昭和6年2月 
京都市上京区千本丸太町に工場建設

11年3月
代表者が大原健蔵となる

21年7月
京都市南区上鳥羽に工場建設
合成樹脂の乳化重合を始める

37年11月
京都市南区吉祥院に工場新設
千丸工場・上鳥羽工場を統合

38年
この年に特許5件成立

40年4月
法人組織に改組、大原パラヂウム化学(株)を設立する

43年
この年に特許2件成立

45年
この年に発明功労賞受賞

48年
この年に特許2件成立

50年9月
吉祥院工場内に化学研究所を建設

50年
創立50周年を迎える

51年
この年に特許1件成立

52年1月
京都市南区上鳥羽に倉庫を建設

54年5月
京都市上京区千本丸太町に新社屋建設

59年1月
大原八十八社長就任

59年12月
京都市南区上鳥羽に工場新設

62年4月
米国特許2件成立

平成2年4月
上鳥羽工場内に立体自動倉庫を建設

4年4月
関東駐在所を開設)

8年3月
中国山東省・青島に青島大原化学有限公司を独資で設立

9年4月
青島大華王国際貿易有限公司を設立

12年4月
京都市南区に上鳥羽第2工場を建設

23年6月
大原一浩社長就任。


Copyright(C) 大原パラヂウム化学株式会社  All Rights Reserved.